チャイニーズなお土産

知り合いの方から香港みやげをいただきました。ありがとうございます。





DSC_8709.jpg





美味しそうなチョコレートです。




早速食べてやるぜ!と思って箱を開けました。












DSC_8710.jpg




!?




何か少ない!



プラスティックのケースで量を誤魔化されてますやん!









実は中国製のお菓子などで、こういった見た目と中身がアンバランスな商品が最近は多いようです。




↓こんなのとかです。


0c0d356e.jpg





いや量が少ないのが問題ではなく、別にそんな見栄張ってお客を騙そうとせんでもエエやん、ということでございまして。




買う方はまさかこんな中身が少ないなんて思わないですし、知らずに人にあげたらアリャマになることもあるわけでして。







ナイスチャイニーズ!!!



スポンサーサイト

トイレのスッポンの重要性

皆様はトイレのスッポンをご存じでしょうか。




mail_06.jpg






この近未来的なフォルムで太古の昔から各家庭のトイレで活躍しているトイレのスッポン、もちろんご存じだと思います。





ワタクシはしばらくトイレのスッポンのことを忘れており、トイレのスッポンに非常に申し訳ないことをしたなと反省してたのですが、数日前に我が家のトイレで大活躍することがあり、再び意識するようになりました。





恐らく、子供がトイレに何かを流したのでありましょう、水が流れなくなり溢れそうになっており、急いでトイレのスッポン部屋からトイレのスッポンが収納してある扉を開け、トイレのスッポンを手に取りトイレに駆け込み、詰まっている便器に向けてトイレのスッポンを差し込みスッポンスッポンして事なきを得ました。





普段は当たり前のように流れるトイレの水が流れずに逆流してくると、恐ろしく焦ります。



焦って汗が出て、その汗にまた焦ってのトイレパニックになります。




そんな時に、家にトイレのスッポンが常備されていないと、これはもう焦りを通り越して発狂寸前にまでなることが文部科学省の調査でも明らかになっております。





なので、もし自宅やオフィスにトイレのスッポンを常備されていない方は、今すぐホームセンターもしくはAmazonにアクセスし、トイレのスッポンの購入手続きをオススメします。




トイレが数カ所ある建物の場合は、トイレごとにトイレのスッポンを準備すると、よりトイレのスッポンに対する愛を深めることができるので更にオススメです。






ということで、レッツスッポン!!!




コンドル ラバ-カップ 洋式 大 C286-00LU-MB

新品価格
¥1,003から
(2017/5/22 09:26時点)








健康フェアに参加

数ヶ月前に、阪神調剤薬局という薬局グループの知り合いの薬剤師さんから、



「今度、阪神調剤薬局主催の健康フェアを行うのですが、そこで介護相談コーナーを会場の1画に設けたいと思っております。
そこで、ワカさんに参加してもらい、来場者の介護相談を受けてもらえませんか?」




と打診されており、二つ返事でオーケーしておりまして、本日、知り合いのケアマネジャーを1人誘って参加してきました。





会場では、『子供薬剤師体験』として実際に薬局で使用している機械を使って薬づくりができたり、骨密度や肌年齢、血圧測定などを無料でしてくれたり、健康食品のサンプルがもらえたりというようなことが催されておりました。




そして介護相談コーナーとして机と椅子を設置してもらい、ワタクシと知り合いのケアマネの二人で座って、事前に市の介護保険課から大量にもらってきた『介護保険のてびき』という冊子を準備して、相談を受けたい迷える子羊の方を待ちました。






会場は駅前のショッピングセンターの7階であり、正直、ここにわざわざ介護相談に来る人はいるのかな?と思っておりました。




本当に困っている人はすでに介護保険を利用しているでしょうから、どういう人が来るのかな~と少し楽しみでもありました。





ポツポツと来場者の方が来られ、薬剤師の方が言葉巧みに介護相談コーナーへお客さんを誘導してくれていました。





相談に来られたある方は、すでに妻を在宅で介護している90歳の男性で、今日は妻をショートステイに預けているのでここに来れた、という方でした。


妻の介護は正直大変で、疲れもかなりあるとのことでした。


施設に入れてしまった方が楽になると思うも、それは妻に可哀そうだという気持ちもあって、どうしたものかと思案しているとのことでした。



そこで、


「お父さん、きっと施設に入れても自宅で見続けても、何かしらの後悔はするし疲れも出るし、悩むことはあると思います。


あまり思い悩まず、うまく手を抜いていきましょう。ボチボチでいきましょう」



と伝えたところ、




「ええ、そうですな。今日も晩に美味しいお酒でも飲もうと思いますわ」




と言われて笑顔が出たので安心しました。そして




「ここに来て愚痴を聞いてもらってスッキリしました。ありがとう」




と言って帰られました。







またある80歳の女性の方は、最初は膝の具合が悪いという話をされていましたが、途中から家で飼っている猫の話ばかりになり、一緒に風呂に入っているとかなんとかかんとかを10分ぐらい話して、



「楽しかったわ!」



と言って帰られました。





またとある方は、以前に青函トンネルを歩いて渡った武勇伝を延々と話して帰られたり、また別の方は介護保険料がドンドン上がるし年金はドンドン下がるし大変よ!ということを延々と話して帰られたりしてました。








その他にもいろいろな方の介護相談?を聞きましたが、そこで思ったことが、





皆、話を聞いて悩みを共有して欲しいんだな





ということです。





大した助言はしていませんが、ただ話を聞いただけで、ほとんどの方が「ありがとう。スッキリしたわ」と言って帰られました。




皆さん、話し相手が欲しいのだな、と。




他愛もない世間話しとちょっと自分の体のことを聞いて欲しいのだな、と。




こういう気軽に立ち寄れる介護相談の場も、実はニーズがあって大事なのだな、と今日強く思いました。





コンビニのローソンが店内に介護相談窓口を作るというニュースを以前に見た時に、誰がローソンに介護相談に行くのだろうか、ニーズはあるのかと思っておりましたが、今日の介護相談をしてみて、その価値と重要性に気づきました。




普段仕事で受けているような明確な介護事由があるような相談ではなく、そのもっと前段階での相談も大事であり、その経験ができたことがかなりプラスになりました。





貴重な機会をありがとうございます、阪神調剤薬局さん、そして美味しいお昼のお弁当もありがとうございました。





また是非!!







最強に面白いブログ

昨日の記事で、『面白いブログを読むと自分もブログ書きたくなる』と書きましたが、以前から読んでいて最強に面白いと思えるブログがあります。




『もはや日記とかそういう次元ではない』





もはや最強です。




特におすすめの記事はこちらです。





『スタバでダベる女子大生に対し畏敬の念を禁じ得ない』






天才的に面白いですので、お時間ある方は是非。。。







ブログ更新しますマン

何に対しても当てはまるのですが、繰り返しやればやるほど上手くなっていきます。



文章もそうで、書けば書くほどに上手くなります。




こうやってブログに書くだけでも、上手くなっていきます。




なのでドンドン書かないとダメだな、と、今思いました。




他人が書いた文章を読むだけでは上手くならないです。



やはり自分で書かないと。




サッカー観戦しててもサッカーが上手くならないのと同様に。





ということで、またブログ更新を意識していこうと思います!!







というような『ブログ更新頑張るマン』な気持ちには定期的になるのですが、そうなるきっかけはいつも、他の面白いブログを読んだから、です。




今回、またブログ更新しようと思ったきっかけブログは、キングコングの西野さんのブログです。



→ 西野さんのブログ




自分の信念を持っておられるので、文章も生き生きとして実に面白いです。



面白いと思えるブログは必ず、自分の言葉で書かれているなと思います。




どこかで借りてきたような見たような聴いたことのあるような言葉の羅列ではなく。









ということで、また文章を楽しみたいと思います。。。




大人のパズル

最近、パズル、してます。



94歳の非常にしっかりした方が、ボケ防止にパズルに挑戦されており、この春には1000ピースの桜のパズルを見事に完成されました。



bev7752451226.jpg




2月頃から作り始め、青空の部分に苦戦されておられましたが、桜の時期に間に合うことができました。







そして第二弾に挑戦したいとのことで、今度は夏に向けての花火のパズル、同じく1000ピースを準備し、取りかかってもらいました。





が、数日して、


「もう脳みそと気力がついていきません!諦めます!!」


と連絡が入りました。


「代わりにワカさんが仕上げて!」


と懇願されるので、わかりましたと引き受けました。





そして昨晩から自宅で完成に向けて取りかかりました。




そこで問題が発生しました。






最強に難しいんです、1000ピースの花火パズル。




bev7752431470.jpg





真っ黒の背景に色が付いた線のピースばかりで、どこの花火の線なのか見分けが付かず、どこから手を付けていいのかさっぱりわかりません。




こりゃ94歳じゃなくても挫折しますね。






夏までに完成するのでしょうか。。。



大人の塗り絵

最近、塗り絵、してます。







1.jpg


色鉛筆で描きました。



子供の頃から絵を描くのが好きでして、本気で漫画家になりたいなと思っていた時期もあったのですが、



母親に「そんなキタナイ仕事はやめなさい」とイメージ先行で言われて諦めた過去があります。



まぁそれだけではなく、自分よりも3倍以上は上手い兄が、「俺ぐらいのレベルなら捨てるほどいるよ」と言ったことが一番のきっかけだと思います。








でも絵を描くのは好きですので、塗り絵を買って書いている日々です。





楽しいです。




皆さまも是非。。。



一人っ子政策

春休みです!!!




子供達は。





ということで、長女と次女を嫁の実家にホームステイさせ、三女だけと過ごすという日々が続いております。




普段は隣近所から苦情がきそうなぐらい賑やかな家が、実に静かです。実に平和です。



普段は姉のパワーに圧倒されている三女がノビノビとしており、あれ?この子こんなによく話す子だったっけ?と思うぐらいよくしゃべります。



いつもは3人の食事介助をして3人の入浴介助をして3人の洗濯物を干して3人のオモチャを片付けて3人を寝かしつけていたのが、1人で済むと実に時間的な余裕ができます。




おー、ここまで違うものか~、と思いつつ、時間的に余裕があるので、いつもは家で食べる夕食を外食しました。







行きつけのパスタ屋に行き、食べつけのパスタとピザとフライドポテトを自分と妻と三女の3人で食しておりました。



平日の夜にも関わらず、店内は程よく込み合っておりました。







で、7割ほど食べたところで、隣のテーブルに座っていた若い女性が声を掛けてきました。




「あの~、一人っ子って可哀そうだと思いませんか?」



と。




「え?」




という顔をしていると、




「色々な理由があるかもしれませんが、親の都合や育てやすさで一人っ子っていうのは可哀そうだと思いませんか?」




と言われるので、




「なぜ一人っ子が可哀そうだと思うんですか?その根拠は?」



と尋ねると、




「兄弟がいるからこそ、切磋琢磨して成長するじゃないですか。一人っ子だと親も独り占めで自分中心になって、成長するにつれて苦労するんじゃないですか?」



と言われるので、



「その考えでいくと、都会より田舎の子供の方が可哀そうっていう理論になりますが?」



と尋ねると、



「え?それはどうかわかりませんが・・」



と言われるので、



「人数の過多で幸せと不幸せが決まるんであれば、そうなりますよ。1クラスの学校よりも10クラスある学校の方が切磋琢磨するでしょう。
東京の人間に「田舎に住んでるあなたは人が少なくて切磋琢磨できなくて可哀そうですよ」って言われてどう思いどう感じますか?」



と尋ねると、




「・・え?」



と言われたので、




「まぁ子供の人数で幸せがどうとか、そんなのどうでも良いですが、あまり目に見えるものだけを盲目的に信じて思い込まない方が良いですよ」



と伝えたところ、



「え?」



と言われたので、



「なぜこの子が一人っ子だと思ったのですか?この子は三人兄弟の末っ子ですよ」



と伝えたところ、




「ええっ!?」



と言われ、



「それにもっと言うと、私達はこの子の親じゃありませんよ」



とウソを吹っ掛けたところ、




「・・・え・・・あ・・」



と言葉に詰まっておられたので、




「一番可哀そうなのは、そんなこと言ってるあなたですよ」




と伝え、お店を後にしました。



家に帰り、明日からこの子は一人っ子として育てる決意をいたしました。。。

















この物語はフィクションです☆







クリックプリーズ


にほんブログ村

真面目と不真面目

真面目になりなさい!!


真面目が最高です!!!!!




と義務教育的な施設では教え込まれるのですが、全くもってそうではないことが社会に出て気付かれます。


しかも気付いた時にはすでに手遅れなことが多いです。








小学や中学では先生の言うことを徹底して聞く生徒が成績アップなわけですが、その先生が世の中のことをどれだけわかった上でそう指導しているか実に疑問です。実に実に疑問です。







少なくとも社会に出てマニュアル通りにしか仕事ができない人間が突出した成果を出せることはまずないです。



マニュアルに従わない不真面目な人間こそ、他者の追従を許さないような結果を出します。



真面目とか不真面目という表現は正しくないのかもしれないですが、真面目にもできるけどそこから逸脱できる意識を持った人間の方が魅力的だということです。




それは今の学校のシステムでは狙って育てることはできなく、実に勿体無いことをしていると感じます。




学生時代に品行方正で生徒会長とかしちゃって先生受けの良い生徒は、社会に出て確実に躓いてニートとか引きこもりになっちゃってますよ、ということです。





もうちょっと教育システムを見直さないと、子供が可哀そうですよ、と思います。




自分が散々義務教育に貶されてきたので、余計にそう思います。






不真面目で、ええやん。。。




介護学部マニア学科Z

ワタクシ自身がブログを続けよう、目標にしようと思ったブログが1つだけあります。




介護学部マニア学科Z





卓越した先見性と変態性で介護業界の先の先を見通しながら、実に面白い理論を常に展開されていたブログが、近日中に閉鎖されます。





このブログがあったおかげで、どれだけ介護の知識が広がったことでしょう。



このブログがあったおかげで、どれだけ介護のネットワークが広がったことでしょう。





そんな介護ブロガーの道標的なブログが、終焉を迎えております。




馴染みのブロガー、一度でもご覧になったことのある方は、是非、最後のコメントをマニア学科に宜しくお願いします。




思い起こせば、


『介護学部マニア学科』


から始まったこのブログ、いつしか


『介護学部マニア学科Z』


として今日まで更新を続けてこられました。



その期間は8年以上に及びます。







そしてこれからは、




『介護学部マニア学科GT』





『介護学部マニア学科改』





『介護学部マニア学科超』






と変化を遂げてブログの更新を続けていくとのことですので、ご安心下さい。




マニア学科Zが8年も9年も10年も続いていたことを考えますと、今後もあと30年近くはブログ更新は安泰だと思っている所存でございます。










ということで、  介護学部マニア学科Z  お疲れ様でした!








明日からの介護学部マニア学科GTも楽しみにしております!!